【効率のいい勉強法】受験やテストで失敗しない勉強法を徹底解説!

【効率のいい勉強法】受験やテストで失敗しない勉強法を徹底解説!
  • 時間をかけず効率よく勉強したい…
  • 勉強時間と成績が比例しない…
  • 効率のいい勉強法ってないのかな?

テストや受験勉強はしているけど、成績が思ったように伸びず勉強効率が悪いのかな…と疑問に思ったことはありませんか?

京大、阪大、早稲田大、筑波大などトップ大学に合格者を輩出する偏差値UP学習術とは?

【今だけ5,000円→無料!】 無料で読める電子書籍「偏差値UP学習術25選」

・苦手科目を克服しようとすると成績が下がる理由

・勉強しても成績が伸びなくなるブレーキの存在

・1日5分で効率の良い勉強を習慣にする方法

などなど。

受験生であれば、ついつい気になる受験の仕組みを、プロが解説付きの電子書籍で徹底解説!

受講料は無料で受けられるので、受験生にも話題に!

京大、阪大、早稲田大、筑波大などトップ大学に合格者を輩出する受験コーチのメソットを無料の電子書籍を、今すぐ無料で読むことができます!

>>>>無料で「偏差値UP学習術25選」を読んでみる<<<<

※無料ですぐに読むことができます。

 

この記事では、効率のいい勉強法のポイントについてまとめました!

どのような勉強法をすれば効率が上がるのか、科目別の効率のいい勉強法、東大生や偏差値60越えの人たちが無意識にやっている効率のいい勉強のポイントも紹介しています。

効率のいい勉強法最小限の努力で志望校に合格したい方はぜひ参考にしてください。

【効率のいい勉強法まとめ】

✔️効率のいい勉強法は9つある

✔️教科別で効率のいい勉強法がある

✔️効率のいい勉強をするためには8つのポイントがある

✔️効率の悪い勉強法の特徴は5つある

 

京大、阪大、早稲田大、筑波大などトップ大学に合格者を輩出する偏差値UP学習術とは?

【今だけ5,000円→無料!】 無料で読める電子書籍「偏差値UP学習術25選」

・苦手科目を克服しようとすると成績が下がる理由

・勉強しても成績が伸びなくなるブレーキの存在

・1日5分で効率の良い勉強を習慣にする方法

などなど。

受験生であれば、ついつい気になる受験の仕組みを、プロが解説付きの電子書籍で徹底解説!

受講料は無料で受けられるので、受験生にも話題に!

京大、阪大、早稲田大、筑波大などトップ大学に合格者を輩出する受験コーチのメソットを無料の電子書籍を、今すぐ無料で読むことができます!

>>>>無料で「偏差値UP学習術25選」を読んでみる<<<<

※無料ですぐに読むことができます。

 

効率のいい勉強法|9選

効率のいい勉強法で高得点を取る

効率のいい勉強法には下記の9つの方法があります。

  1. 朝・夜で勉強する内容を変える
  2. 音読で理解を深める
  3. 録音した音声を聞く
  4. スキマ時間を使う
  5. 教科書を7回読む
  6. 友達と勉強する
  7. ストップウォッチで時間を記録する
  8. 答えを見ながら問題を解く
  9. 勉強内容を分散する

これらの勉強法を学習する内容によって、使い分けるのがおすすめです。

 

効率のいい勉強法① 朝・夜で勉強内容を変える

起きて3時間以内に1時間だけ勉強すると、夜に勉強する3時間と同じくらいの効果があると言われています。つまり、朝勉強する方が夜勉強するより3倍効率が良いのです。

朝は脳の記憶がリセットされているので、想像力や発想力が高まる時間帯です。なので、起きて3時間以内は問題を解くのに適した時間になります。

英単語などを暗記するのであれば、朝よりも夜の方が適しています。寝ている間に記憶は整理されるため、寝る直前に覚えたことは記憶に残りやすくなります。

 

効率のいい勉強法② 音読で理解を深める

問題集や参考書に書かれていることを目で追いながら、声に出して読む勉強法です。

文章を目で追うだけでは「目」から脳に刺激がいくのに対して、音読すると「目、声、耳」の3つの要素から脳に刺激を与えられます。

脳は刺激を感じることで記憶力と覚えられる量が増えると言われていますので、音読をしない場合と比較すると1.2〜1.3倍も効果があります。

問題を解き始める前に音読するだけでも、問題集の内容を理解しやすくなったり単語を記憶しやすくなるなど、さまざまな面でいい効果があります。

 

効率のいい勉強法③ 音声で勉強する

音読の延長線上にあるものですが、録音をすることで教科書などが取り出しにくい通学途中などでも音声を聞きながら勉強することができます。

何度も繰り返し聞くことができるので、耳で覚え記憶に定着しやすい方法です。

特に英語はリスニングがあるので、音声教材を利用して正しい発音を耳で覚えることをおすすめします。

 

効率のいい勉強法④ スキマ時間を使う

スキマ時間を使って、効率のいい勉強をする

パナソニック株式会社が行なった調査で日本人の無駄なスキマ時間は1日に1時間9分あるとわかっています。

1週間で考えると、約8時間ものスキマ時間があるのです。

スキマ時間に何度もテキストを読んだり、音声を聞いていると少しずつ理解が深まっていくので、記憶にも定着しやすいものです。

英単語帳を見て、信号待ちや電車の待ち時間などのスキマ時間をうまく使って覚えるようにしましょう。

 

効率のいい勉強法⑤ 教科書を7回読む

「教科書を7回読む」という勉強法は東京大学法学部を主席で卒業し、現在は弁護士として活動されている山口真由さんによる勉強法です。

1〜3回目は出題範囲を把握するために教科書を読み、4〜7回目は「教科書のこの部分にこの内容が書かれている」というのを確認します。

そうすると、4回目からの理解度が上昇し、7回目を読み進める頃には細かい部分まで理解できるとのことです。

 

効率のいい勉強法⑥ 友達と勉強する

同じ高校や大学を受験する仲間がいるのであれば、仲間と同じ場所で勉強することでモチベーションを上げることができます。

「仲間も頑張っているから、私も集中して頑張ろう!」となるのです。

同じ場所で勉強できない場合は、SNSを利用して勉強仲間を探すのもおすすめです。

注意点として、友達と勉強している途中で勉強と関係ないことを話すのはやめておきましょう。

また、勉強の終了時間を決めていくことが友達と勉強する際は大切になります。

 

効率のいい勉強法⑦ ストップウォッチで時間を記録する

ストップウォッチで勉強時間を測って記録することで、努力が目に見えてモチベーションアップに繋がります。

記録する際は、「この科目は◯時間。この科目は△時間」というふうに科目別に記録しておきましょう。

次に勉強するときに、前回の勉強時間を超えることを意識しながら勉強を進めていきます。

また、英単語を覚える際に「20分以内に30個英単語を覚える」などの目標を決めて、時間制限内に覚えられるように勉強するルールを作ることもおすすめです。

 

効率のいい勉強法⑧ 答えを見ながら問題を解く

答えを見ることで、考え方や答え方などの「型」を知ることができ、型を知ることで考える力が身につきます。

答えを見ながら問題を解くという勉強法には2つ条件があります。

①見て学んだ後に、見ないで問題を解く

②「繰り返し学習」の場合、2回目からは答えをできるだけ見ない

受験やテスト間近の時には、有効な勉強法になります。

 

効率のいい勉強法⑨ 勉強内容を分散する

一夜漬けでテスト勉強する方も多いですが、より効率のいい勉強法をするのであれば、勉強する頻度の間隔を一定期間おき、何度も勉強する方がよいです。

覚えたことを忘れそうになったタイミングで復習することで、記憶に定着しやすく効率よく知識を身につけられます。

目安としては3日後に学習内容を復習すると、より記憶に残りやすいです。

【中学生】教科別の効率のいい勉強法

効率のいい勉強法 中学生編

効率のいい勉強をするためには、科目別の勉強法を知ることも大切です。

国語・数学・英語・理科・社会の5つの効率のいい勉強法を解説していきます。

 

【国語編】効率のいい勉強法

国語の効率のいい勉強法は、漢字を覚えつつ、長文を読解する力をつけていく方法です。

問題を解きながら、長文問題の解答のテクニックを身につけていくといいでしょう。

また、普段から読書をして日本語の文章に慣れることも大切です。

 

【数学編】効率のいい勉強法

数学の効率のいい勉強法は、基本的な問題を解くことから始め、理解できるのであれば応用問題や過去問などにチャレンジする方法です。

基本問題の答えに解説がある問題集を選び、基本問題がスムーズに解けるようになるまで何度も解き直してください。

考えてもわからない問題に関しては、答えを見て解き方を覚えるのも大切です。

 

【英語編】効率のいい勉強法

英語の効率のいい勉強法は、英単語・熟語・基本的な文法を覚えることから始めることです。

基本的なフレーズを覚えた後に、長文を読む練習をしていきます。

覚えている単語を増やしつつ、長文読解に取り組んでいけば、読解のテクニックが身についていきます。

 

【理科編】効率のいい勉強法

理科の効率のいい勉強法としては、暗記すべき分野計算方法を身につける分野に分けて考えることです。

暗記する分野については、教科書を何度も読み、書かれていることを暗記していきましょう。

計算方法を身につける分野については、計算式を覚えて、実際に問題を解いて、ひたすら実践していくことが大切です。

 

【社会編】効率のいい勉強法

社会の効率のいい勉強法は、暗記が中心になるので、教科書を何度も読み返し、理解することで記憶に定着させていく方法です。

一番おすすめの勉強法は、重要な箇所にマーカーを引いて、テストや受験で出そうなところを意識しながら音読する方法です。

【高校生】教科別の効率のいい勉強法

効率のいい勉強法 高校生編

高校生になると国語は古文・漢文・現代文に分かれ、理科も物理・化学・生物に分かれます。

それらの効率のいい勉強法についても紹介していきます。

 

【国語編】効率のいい勉強法

国語の効率のいい勉強法については、古文・漢文・現代文の3つに分けて紹介します。

 

古文の効率のいい勉強法

古文は現代文と似ている部分はありますが、現代とは意味が違う単語や文法があるため、ひとつひとつ意味を理解しながら知識をつける必要があります。

古文の勉強に何時間も使うことはできるだけ避けたいので、寝る前の時間や通学中などのスキマ時間に単語の意味を覚えるなどしていきましょう。

 

漢文の効率のいい勉強法

漢文は外国語であるため、英語の勉強法と似ている部分があります。

まずは語彙力を高めること、そして句法や常識についての知識をつけていくことが大事です。

句法とは、詩文や俳句の組み立て方、作り方のことです。多くの漢字の意味が理解できると漢文への理解も進んでいきます。漢文を読んでいくなかで、わからない単語が出てきたら、その都度意味を調べて確認するようにしましょう。

 

現代文の効率のいい勉強法

現代文で一番大切なポイントは、語彙力です。

現代文の問題を解いている際、わからない言葉や漢字が出てきたら、意味を調べて理解するようにしましょう。

接続詞の理解を深めることも現代文の読解をする上では大切になります。

文章を読んで接続詞に印をつけるだけでも、問題を解く際の手がかりになるので、やってみてください。

 

【数学編】効率のいい勉強法

数学の効率のいい勉強法としては、どの公式が何を求めるためのものかを理解しておいて、問題を解くことです。

そして、問題を解く際に必要なのが逆算思考です。

問題で求められている答えを出すためには、どんな公式を使うのかを考えつつ、その公式までに辿り着くためにはどういう手順で進めばいいのかを考えます。

わからないのであれば、解答を見て解き方の手順を理解するのがおすすめです。

 

【英語編】効率のいい勉強法

英語は、基礎となる単語や文法をしっかり覚えることが重要です。

そのために音読をして「目、耳、声」の3つの刺激を脳に与えて、記憶に定着させることが有効です。

長文読解の勉強法としては、スラッシュを入れながら読み解く方法です。

一つの文章を構成する要素ごとに分けて、文を分解しながら読んでいきます。

長い文を短く区切ることで、格段に意味が掴みやすくなります。

 

【理科編】効率のいい勉強法

理科は暗記というより「なぜそうなるのか理解する」ことが重要になります。

ここでは物理・化学と生物・地学に分けて効率のいい勉強法を紹介していきます。

 

物理・化学の効率のいい勉強法

物理・化学は法則や公式、化学式など暗記内容が多いですが、その原理や物質の性質などを一緒に理解しておかないと、問題が解けない場合が多いです。

演習問題を何度も解いて「どの問題の場合は、どの公式や化学式を使うのか」を理解していきましょう。

 

生物・地学の効率のいい勉強法

生物や地学の効率のいい勉強法は、図にまとめることです。

各器官の働きや自然現象の仕組みなども理解することが大切ですが、その働きや仕組みに関連して何が起こるのかを図にまとめておくと、全体像を把握できます。

教科書に載っている図をコピーして、それに書き込む形で内容をまとめていくのもおすすめです。

 

【地理・歴史編】効率のいい勉強法

社会の勉強で最も重要になるのは、やはり暗記です。

暗記するための効率のいい勉強法は、教科書を音読することです。

教科書を繰り返し読むことと音読することの効果は「教科書を7回読む」「音読で理解を深める」の部分で紹介しています。

暗記が苦手だと感じている方には特におすすめの勉強法です。

【勉強前】効率のいい勉強の3つのポイント

効率のいい勉強ができる勉強前にやるべきこととは

効率のいい勉強をするには、勉強前に2つのポイントをやることが大切になるので、その2つを紹介していきます。

 

学習内容の全体像を把握する

参考書などを使って勉強する場合は、まずは目次を読んで参考書や学習内容の全体像を把握してから勉強するようにしましょう。

全体像を把握してから勉強することで、それぞれの項目でのつながりなどが理解しやすくなり、効率よく勉強することが可能になります。

 

逆算して計画を立てる

最終的な目標に対して、どのくらいのペースで勉強を進めていけばいいのか勉強を始める前に計画して立てておくことが大事です。

明確な目標を立てておけば、ひとつひとつ達成していくことで達成感を味わえますし、勉強を継続するためのモチベーションを維持することができます。

 

机の周りを整理する

いつも勉強している机の上にはできるだけ何も置かないことが理想です。

いろんなものが目に入る状態で勉強すると、注意が分散されてしまい、集中力が落ちてしまいます。

効率のいい勉強をするうえで、机の上にできるだけ物を置かないこともポイントです。

【勉強中】効率のいい勉強の3つのポイント

効率のいい勉強法をするために勉強中にやるべきこと

効率のいい勉強を長く続けるために、集中できる環境を整えることも大切です。

ここでは集中できる環境を整えるための4つのポイントを紹介していきます。

 

誰かに教える前提で勉強する

誰かに教える意識で勉強すると、必ず理解しなければなりません。

理解して自分の言葉で相手に教えるという作業があなたの理解を深めてくれます。

説明しているときに詰まる部分があれば、詰まった部分は理解できていないことがわかり、再度勉強する内容が明確になります。

わかっていない、理解できていない部分を再度、勉強することであなたの理解度は格段に上がります。

 

部屋の温度は少し低めに設定

エアコンをつける際は、少し低めに設定することがおすすめです。

部屋の温度が高い状態だと、頭がボーッとしてしまい、集中できない可能性があります。

効率のいい勉強をするためにも集中できる環境を整えることは必須なので、室温にも気を遣ってみましょう。

 

休憩時間にストレッチをする

勉強の合間の休憩時間にはストレッチをすることがおすすめです。

ストレッチをすることで、血行が良くなり、考える力や記憶力上昇し気分転換にもなります。

首や肩甲骨を回したり、伸びをしたり、簡単なストレッチでいいのでやってみてください。

【勉強後】効率のいい勉強の2つのポイント

効率のいい勉強をするには、勉強後の動きが大切

勉強はやって終わりではありません。

勉強した内容を記憶に定着させるために大事なポイントを2つ紹介していきます。

 

学んだことをアウトプットする

効率のいい勉強をするためには、インプットアウトプットの両方が大事です。

多くの人はインプットはしますが、アウトプットをしません。

しかし、学んだことをアウトプットすることで、記憶の定着に大きな影響を与えます。

勉強したことを声に出して話してみたり、ノートにまとめてみたり、あなたがやりやすい形でアウトプットをしてみましょう。

 

睡眠時間を6時間は確保する

効率のいい勉強をするためにも、睡眠時間を6時間は確保してください。

睡眠時間が6時間以下2日以上が続いてしまうと、脳の働きは徹夜した状態ほぼ同じになってしまいます。

そのような状態で勉強すると、どうしても効率は悪くなってしまうので、しっかり睡眠時間を確保しておきましょう。

夜遅くまで寝ずに勉強することはすばらしいですが、勉強の効率を考えるとあまり良いとは言えないでしょう。

しっかり睡眠をとることは効率のいい勉強をする上で欠かせません。睡眠の質が下がってしまうと、記憶に残りづらくなります。

勉強の効率が悪くなる5つのNG行動

勉強の効率が悪くなってしまう習慣

ここまでは効率のいい勉強法について紹介してきましたが、効率の悪い勉強法についても紹介しておきます。

効率よく勉強をするためにも以下の5つはやらないように心がけましょう。

 

間違えた部分を復習しない

問題を解いてわからないところや間違えたところがあったとき復習せずにそのまま放置していませんか?

そのままにしておくと、理解できなかった部分がそのままになり、いつまでも同じところでつまずくことになります。

わからなかったところや間違えたところは、解説を読んだり学校や塾で質問をして、早めに解決しておきましょう。

 

マーカーで色付けしただけで勉強したと思う

教科書や参考書を読んだり、ノートにまとめているときに重要な部分にマーカーを引いて勉強することも多いでしょう。

ただマーカーを引いただけになっていませんか?

マーカーを引いた後に何度も目を通して、目で覚えたり、実際に問題を解くことで身についていきます。

マーカーを引いて終わりではなく、問題を解くまでやるようにしましょう。

 

暗記を避けようとしている

暗記しなければ解けない問題もときにはあります。

その場面に直面してしまうと、覚えていないところでつまずくことになります。

特に数学では公式を覚えないと解けない問題も多いです。

公式を覚えて、実際に解くことで頭に定着するので、暗記は避けずに覚える必要があるものは覚えるようにしてください。

 

一度で全部覚えようとしている

「一度読んだだけで全て覚えられたらいいのに…」と思ったことありますよね?

実際は一度で全て覚えることは不可能です。

脳は何度も同じ情報をインプットすることで「大切な情報である」と認識します。

この習性を利用することで、記憶に定着していきます。

暗記が必要な教科は、何度も繰り返しインプットをして覚えていきましょう。

 

ノートをまとめることに時間をかけすぎる

教科書や問題集に書いてあることをノートにきれいにまとめることで満足していませんか?

ノートをきれいにまとめて満足しているのは、「ノートにまとめる」ということがゴールになっているからです。

ノートにまとめるだけではインプットされていないので、記憶に定着することもありません。

ノートにまとめることに満足するのではなく、ノートを使って覚えることを重要視しましょう。

効率のいい勉強法のまとめ

効率のいい勉強法とは、勉強内容で方法を変えることです

【効率のいい勉強法まとめ】

・朝は問題を解くのに適して、夜は暗記に適している

・暗記系は何度も音読するのが効率的

・わからないものはすぐに調べるか、答えを見て理解する

・勉強を始める前に計画を立てる

 

効率のいい勉強法9つと教科別の勉強法など紹介してきましたが、どうでしたか?

テストや受験で失敗しないように、これらの方法を使いながら効率のいい勉強をしていきましょう。

自分の勉強の効率が悪いなと感じていたなら、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

今から勉強法を変えれば、ライバルよりも頭ひとつ抜き出るはずです。

 

京大、阪大、早稲田大、筑波大などトップ大学に合格者を輩出する偏差値UP学習術とは?

【今だけ5,000円→無料!】 無料で読める電子書籍「偏差値UP学習術25選」

・苦手科目を克服しようとすると成績が下がる理由

・勉強しても成績が伸びなくなるブレーキの存在

・1日5分で効率の良い勉強を習慣にする方法

などなど。

受験生であれば、ついつい気になる受験の仕組みを、プロが解説付きの電子書籍で徹底解説!

受講料は無料で受けられるので、受験生にも話題に!

京大、阪大、早稲田大、筑波大などトップ大学に合格者を輩出する受験コーチのメソットを無料の電子書籍を、今すぐ無料で読むことができます!

>>>>無料で「偏差値UP学習術25選」を読んでみる<<<<

※無料ですぐに読むことができます。